マンション売却の方法

マンション売却での見積もりの活用方法~査定しただけはダメ!

マンションを売る際には、誰もが不動産会社に相談し査定見積もりを貰うはずですが、単純に今売ったら、「これくらいで売れるんだぁ」と認識するだけでは、マンション売却を成功させるのは難しいと考えた方が良いでしょう。

というのも不動産会社の査定見積もりはあくまで、これくらいなら売れるかな?という査定額にすぎず、その価格で売れるかどうかはわからないんです。

不動産業者の査定見積もりの活用方法について

そこで、不動産会社の査定見積もりはどのように活用すべきなのかについて紹介します。

通常、売主は不動産会社に行き査定してもらい、結果「この価格で売れるなら売却しよう」と思える査定額であれば、その不動産会社と媒介契約を結んで売却を開始していく事になります。

しかし、現在では、インターネットの普及も関係して、不動産会社の店舗に来店しなくても、オンラインで査定依頼ができるようになったため、来店する手間も時間もかからなくなったり、オンライン査定が利用できるという事は、日本全国どこにいても査定見積もりの依頼が可能なので、住んでいなかったり、遠い場所に所有している不動産であっても、そのエリアの不動産業者に査定依頼する事が可能になりました。

その為、簡単に査定見積もりを集めらるようになったんです。

また、個々の不動産業者もネットでの査定を行っていますが、査定を行っている業者を集めて、一括査定できる不動産査定サイト(査定依頼の上限あり)もある為、現在ではマンションや戸建て、土地など家を売る際にはオンラインで、しかも無料でできる不動産一括査定サイトの利用が主流となっています。

どのように活用するかですが、まずは一括査定サイトで複数の会社に査定見積もりの依頼をします。そうすると最大6社程度ですが、複数会社の査定書が集まるので、まずはそれぞれの業者の査定書を比較してください。

例えばですが、査定額を比較してみます。

A社:2780万円
B社:2830万円
C社:2650万円
D社:2910万円
E社:2880万円
F社:3040万円

それぞれの会社の査定額を比較するとF社の3040万円が一番高く一番査定額が低いのがC社です。

仮に1社にしか査定せずに売却を依頼した場合の事を考えてみましょう。C社だけに相談して仲介を依頼していたら、2650万円での売却した事になったかもしれませんよね?知らなければ、何も感じませんが、もし他社だったら3000万円で売却できたと考えると、もったいないです。。

上述しましたが、査定価格自体は実際に売却できる価格ではありませんが、A社~F社の6社の査定額を比較すれば大体どの位で売れそうなのかはわかります。1社だけでは、どうしても基準がわかりませんし、その査定額はあっているのかどうかが分かりません。

もしかすると、相場よりも低いかもしれませんし、売主に知識が無い事をいいことに、業者が低い価格を提示している可能性も考えられます。

業種は違いますが、引越しの見積もりなどで、本当は15000円程度の所を11万円くらいで提示してくるケースがあったりします。これは、他社に見積もりをしなければ、これくらいかかるのかなと感じ頼む人がいるからです。他社の見積もりと比較さえしていれば、損せずに済むわけです。

同じように不動産の査定に関しても比べる対象を作って比較する事で、どの業者が良いのか?またどの業者には頼んではいけないのか?大体の基準価格はいくらなのか?がわかり、売却成功へと近づくことができます。

査定見積もりはとても重要ですが、きちんと活用しないと全く意味がありません。必ず複数の会社で比較し、さらに、インターネットのポータルサイト(suumoなど)で売却エリア内の不動産などの売り出し価格なども確認して比較検討する事をオススメします。

不動産会社を選ぶのは比較検討した後です!